Towers Watson Media

歴史

ウイリス・タワーズワトソンの価値観

顧客最優先の理念、チームワークの重視、揺るぎない健全性、最善の結果を目指す姿勢。これらの価値観こそ、ウイリス・タワーズワトソンの歴史の中核となります。常に顧客を尊重し、顧客の立場に立ったサービスを提供し続けた結果、多くの顧客と創業初期から現在に至るまで取引を続けています。ウイリス・タワーズワトソンの価値観は、今後も変わることはありません。

【保険ブローカー業務、アクチュアリー業務の誕生】

1828年 – ヘンリー・ウイリスが、英国ロンドンのバルチック海運取引所で、輸入商品の販売を開始。

1841年 – ウイリスがロイズ(保険市場)の会員権を申請し、保険ブローカー業務を開始。業務規模拡大に伴い船舶保険に携わり、海上保険での地位を築き、ヘンリー・ウイリス・アンド・カンパニー社を設立。

1865年 – アクチュアリー・コンサルティング会社の先駆けとなるファクラー・アンド・カンパニーがニューヨークで設立。

1878年 – ルーベン・ワトソンが、マンチェスター・ユニティー・オブ・オッドフェローズからアクチュアリーに任命され、世界最古のアクチュアリー会社であるR・ワトソン・アンド・サンズを設立。マンチェスター・ユニティーをはじめ、現在も創業当時からの顧客を多く抱える。

1889年 – ピーター・ファクラーが、現在の保険計理士協会の前身である米国アクチュアリー会の設立に尽力。当時のアクチュアリー分野における各種団体との緊密な連携は、これまでのアクチュアリー業務に大きく貢献し、ウイリス・タワーズワトソンは現在でも世界最多のアクチュアリーを有する。

【業界トップの地位を確立】

1896年 – ヘンリー・ウイリス・アンド・カンパニーが、米国に本拠を置くジョンソン・アンド・ヒギンスとの提携関係を得たことにより、米国市場への進出の足がかりを得る。

1898年 – ヘンリー・ウイリス・アンド・カンパニーがフェイバー・ブラザーズと合併し、ウイリス・フェイバー・アンド・カンパニーを発足。世界最大のブローカー・ポートフォリオを保有し、多くの海上保険口座を獲得。

1928年 – ウイリス・フェイバー・アンド・カンパニーが、デュマス・アンド・ワイリー・リミテッドと合併し、ウイリス・フェイバー・アンド・デュマスが発足。

1910年代 – 1911年の国民保険法の成立を受けて、R・ワトソン・アンド・サンズは、英国政府に対する国民保険プログラム関連のトップ・アドバイザーとなる。

1920年代 – 創業者であり、「年金計画の父」とも呼ばれるウォルター・フォースターが、大規模な保険付き年金プランの一つを、イーストマン・コダック社に売却。

1934年 – タワーズ・ペリン・フォースター・アンド・クロスビー(TPF&C)が設立。当初、再保険および生命保険業務を行っていたが、その後年金、再保険ブローカー業務、従業員福利厚生プランに特化した業務に従事。

【グローバル化の始まり】

1943年 – バーチャード・ワイアットが、アクチュアリー・コンサルティング会社であるワイアット・カンパニーをワシントンDCにて開業。

1950年 – ワイアット・カンパニーが、ファクラー・アンド・カンパニーを買収。

1950年代以降 – 民間企業による年金プランが人気を博し、欧米でアクチュアリー業務に注目が集まる。これにより、欧州および北米における最大規模のアクチュアリー・コンサルティング会社としての地位が強固となる。

1960年代 – TPF&Cが業務を拡大し、ヘルスケア、従業員報酬、企業コンサルティング分野においてもサービス提供を開始。

1976年 – ウイリス・フェイバー・アンド・デュマスがロンドン株式取引所に上場し、英国を代表する専門ブローカーの地位を確立。

【グローバル化の進展と業務拡大】

1970年代、1980年代 – 米国における規制変更および従業員手当コストの増大により、アクチュアリーによる専門知識の需要がさらに高まる。

1980年代 – ウイリスが再保険部門を拡大し、海上保険ブローカー業務の規模を上回る。

1986年 – タワーズ・ペリン・フォースター・アンド・クロスビーが、アトランタに本拠を置くティリングハスト・ネルソン・アンド・ウォーレンを買収。

1987年 – タワーズ・ペリン・フォースター・アンド・クロスビーが、社名をタワーズ・ペリンに変更。

1990年 – ウイリス・フェイバー・アンド・デュマスがコルーン・アンド・ブラックとの合併により、米国リテールブローカー業務に参入。世界第4位の保険ブローカー企業となる。

1995年 – R・ワトソン・アンド・サンズと、ザ・ワイアット・カンパニーが企業提携関係を結び、ワトソン・ワイアットが成立すると共に、両者のグローバルリソースを統合。

1995年 – ウイリスの各事業が、ウイリス・グループという単独名称のもとに統合。

1997年 – ウイリスがフランスのブローカーであるグラ・サヴォアの株式33%を取得。

1998年 – ウイリス・コルーンが、コールバーグ・クラヴィス・ロバーツに14億ドルで買収され、上場廃止。

2000年 – ワトソン・ワイアットがニューヨーク証券取引所に上場。

【不確実性の増す世界において、顧客の成功を支援】

2001年 – ウイリス・グループがニューヨーク証券取引所に上場。

2006年 – 学術機関と金融セクターの共同プロジェクトとして、世界最大となるウィルス・リサーチ・ネットワークが設立。

2008年 – ヒルブ・ローガル・アンド・ホッブスを21億ドルで買収したことにより、ウイリス・グループ米国部門の事業規模が2倍に拡大。

2010年 – タワーズ・ペリンとワトソン・ワイアットが対等合併。タワーズワトソンが誕生。

2012年 – タワーズワトソンがエクステンド・ヘルスを買収し、米国における民間ヘルスケア市場に参入。

2015年 – ウイリス・グループが、グラ・サヴォアの残存株式を買収する権利を行使すると共に、ロンドン有数の独立系ホールセール保険ブローカー業者であるミラーの株式85%を買収することに合意。

2016年 – ウイリス・グループとタワーズワトソンが合併。ウイリス・タワーズワトソンが誕生。