メインコンテンツへスキップ
サービス Service

海外駐在員向け医療保険

ウイリス・タワーズワトソンは、グローバルヘルスケアを世界で展開する米国医療保険会社と提携し、日本企業の海外駐在員向けの医療保険プログラムをご提案します。

米国系医療保険会社の世界最大級のネットワークを活用して、各国の海外駐在員に公平かつ質の高い医療を提供する制度が構築できます。

  • 1,500,000 以上の医療施設と提携し、高品質な医療施設を紹介することができます。
  • 保障内容の国別差異をなくし、どの国でも同じ保障を提供でき、公平性が確保できます。
  • 保険金請求手続きも同じとなり、国をまたぐ異動でも駐在員は負荷なく利用できます。
  • 日本語サイト、日本語コールセンター(24時間体制)を提供します。
  • グローバルで保険を単一証券化するため、コストコントロールし易くなります。テーラーメードの保障内容の設計により、保険料を抑えたプランの設定も可能です。

一般的な海外駐在員医療制度の現状とプログラム導入後のイメージ

プログラム導入により、保障内容の国別差異をなくし、どの国でも同じ保障を提供でき、公平性が確保できます。保険金請求手続きも同じとなり、国をまたぐ異動でも駐在員は負荷なく利用できます。
一般的な海外駐在員医療制度の現状とプログラム導入後のイメージ

(WTW: Willis Towers Watson)

従来プログラムとの比較

従来、駐在員向けの医療保険は通常以下の方法が一般的でしたが、様々な問題がありました。

  • 日本の健康保険制度の適用:海外で恒常的に医療を受けることを想定しないため使い勝手が悪く、現地の治療費を日本の健康保険の評価に置き換えるため、日本と海外医療費の間の大きなギャップが最大の問題点。
  • 海外旅行保険の利用:多くの企業が国内損害保険会社が提供する駐在員用の海外旅行保険を購入しています。傷害保険がベースになっているため、健康保険で提供できているものでもカバーできないものがあります。
  • 現地の医療保険への加入:治療費がどのようにカバーされるのかが国によって異なります。例えばコロナの検査費用、治療費用の保障のあり方は日本と同様の国は珍しいといえます。
従来、日本の健康保険制度の適用、海外旅行保険の利用、現地の医療保険への加入などが一般的でしたが、それぞれについて様々な問題がありました。
各プログラムとの比較

本プログラムのスキーム

このプランは、各国の子会社を対象とした包括契約を米国子会社と米国医療保険会社で締結し、米国ウイリス・タワーズワトソン(Willis Towers Watson)が保険ブローカーとなります。

このプランは、各国の子会社を対象とした包括契約を米国子会社と米国シグナ保険で締結し、米国Willis Towers Watsonが保険ブローカーとなります。
本プログラムのスキーム

(WTW: Willis Towers Watson)

関連ソリューション

Contact Us