メインコンテンツへスキップ
プロダクト Product

サイバーリスク分析ツール(サイバー・クォンティファイド)

ウイリス・タワーズワトソンが開発したサイバーリスク分析ツールのCyber Quantified(サイバー・クォンティファイド)は、「情報漏洩」と「ネットワーク中断」のリスクを「見える化」し、サイバー事故の発生頻度とそれにより生じる損失の規模を算出いたします。

グローバルでの高い実績

サイバーリスクを予測するために開発されたCyber Quantifiedは、サイバー事故による潜在的な損失を算出し、貴社のリスク管理戦略の最適化を支援いたします。業界をリードするサイバーリスクモデルであり、インタラクティブな手法によって、情報漏洩に起因する賠償責任や各種費用のリスクに加えて、ネットワークの中断リスクをモデル化しています。ウイリス・タワーズワトソンでは、グローバルで非常に多くの企業のサイバーリスクへの理解をサポートしてきた実績があります。

Cyber Quantifiedによるサイバーリスクの評価には、次のものが含まれます。

  • ダイナミックかつカスタマイズされたテクノロジーにより、瞬時に感応度テストの結果を算出
  • サイバー事故はどのくらいの頻度で発生するか。その場合、どの位の規模で、どのようなコストがかかるのかというサイバーリスクの定量化
  • サイバー保険導入の際に、データに基づく「見える化」された意思決定をサポートする指針
  • サイバー保険のプログラム設計やマーケティング戦略の効果的な立案
  • 社内の関連部門と効果的にコミュニケーションを取るための簡潔かつ説得力のあるアウトプット
解析アウトプットイメージ-1
Cyber Quantifiedのスクリーンショット-1
解析アウトプットイメージ-2
Cyber Quantifiedのスクリーンショット-2

Cyber Quantifiedの特長:

  • 貴社における個人情報漏洩やネットワーク中断リスクの理解を深める役割を果たします。サイバー事故の発生頻度とそれによる潜在的な損失額を算出します。
  • 貴社のリスクマネジメント戦略に関するより効率的な意思決定を支援します。貴社のリスクをカスタマイズした保険戦略の評価を行います。そこでは、支払限度額の妥当性や各戦略において期待される保険のバリューを含みます。
  • 「保険から得られるバリュー」や「コンプリヘンシブ・コスト・オブ・リスク(リスクに関わる総コスト)」などの財務的な意思決定の支援指標を用いて、保険会社からの見積りを評価します。
  • 保険のストラクチャ―が潜在的な損失にどのように影響するかを確認します。

Cyber Quantifiedが有効な企業:

  • 個人情報漏洩リスク: 従業員、顧客、または第三者の重要な機密データを保持または収集する企業。50,000 件以上のデータを持つ企業で最も有効です。
  • ネットワーク中断: ネットワークの中断により収益や従業員の業務効率を失うリスクがある企業。100億円以上の年間売上高を持つ企業で最も有効です。

Cyber Quantifiedが有効な地域:

  • Cyber Quantifiedは、すべての地域をカバーするグローバルのリスク評価ツールです。ウイリス・タワーズワトソンの内部および外部のソースから入手した25,000件以上のグローバルな事故データに基づいたモデルです。ウイリス・タワーズワトソンのグローバルなサイバーリスクに関する専門知識を活用し、データの量と当局の規制の類似性に基づいて、各国をいくつかの地域にグループ分けをしています。
解析アウトプットイメージ-3
Cyber Quantifiedのスクリーンショット-3

Cyber Quantifiedを利用するタイミング:

  • 貴社のエンタープライズ・リスク・マネジメント戦略において、サイバー事故による損失の可能性を十分に理解する必要があるとき。
  • 貴社がサイバー保険の更新または購入の検討が必要なとき。

Cyber Quantifiedのアウトプットの役立て方:

  • サイバー保険購入前に保険戦略を構築できます。貴社独自のリスク・プロファイルに基づいた最適な保険ストラクチャーを設計します。
  • 保険会社からの見積りを、保険を購入により得ることのできる価値やコンプリヘンシブ・コスト・オブ・リスクなどの財務的な意思決定支援指標を用いて、評価、比較します。
  • 保険プログラムが貴社の潜在的な損失をどのように軽減するかを確認します。
解析アウトプットイメージ-4
Cyber Quantifiedのスクリーンショット-4
Contact Us