メインコンテンツへスキップ
特集、論稿、出版物 | 企業リスク&リスクマネジメント ニュースレター

グローバル企業が関心
「治安リスク保険」の付保

Credit, Political Risk and Terrorism
COVID 19 Coronavirus

執筆者 大谷 和久 | 2021年11月10日

コロナ禍による経済格差を背景に、世界でテロや暴動のリスクが高まっている。 グローバルに展開する日本企業は対策の必要に迫られている。

「週刊東洋経済 臨時増刊 生保・損保特集号」(2021年10月25日発行)に弊社、治安リスク日本ヘッドの大谷が寄稿した、標題の記事が掲載されました。

本記事では海外進出企業がさらされているテロ・戦争・暴動などの治安リスクが今後一層高まっていくこととその損害に備える「治安リスク保険」について解説しています。

解説の主なポイントは以下の通りです。

  • コロナによる経済格差が原因でテロ・戦争・暴動などの治安リスクが今後一層高まっていく
  • 一般的な財物保険では治安リスクは補償対象外となっている
  • 日本企業にはなじみがないが、欧米企業は治安リスクを補償する「治安リスク保険」に加入している
  • 「治安リスク保険」は財物の損害と事業中断による損失を補償し、自社施設に損害がなくとも発生するアクセス障害による事業中断も補償できる
  • 日本の保険会社は販売していないが、海外再保険マーケットを活用することで、日本企業も「治安リスク保険」の購入が可能となる

本ページでご登録いただきますと、掲載記事全文をダウンロードしてご覧頂くことができます。


<寄稿記事のダウンロード方法>

右記のフォームにご記入、送信いただくと登録いただいたメールアドレス宛にダウンロードページへのリンク含むメールが送られます。そちらのページより、記事全文のpdfファイルがダウンロードいただけます。
なお、競合他社、弊社としてお取引しかねるお客様、個人事業主様のご登録はご遠慮いただいております。予めご了承ください。

ダウンロードいただく記事は著作権によって保護されております。同じ社内の方であっても記事を閲覧する場合には、各個人ごとにご登録の上、ダウンロードしてご覧ください。
記事の内容、テキスト、画像等の無断転載・複製・印刷・配布を固く禁止いたします。

執筆者

関西支店長 兼 グローバル プラクティス ディレクター

Corporate Risk and Broking


Contact Us