メディア

ウイリス・タワーズワトソン 経営者報酬プラクティスのコンサルタントが経営者報酬の実務本を出版

~ 報酬委員会の運営、株式報酬などのインセンティブ設計、 報酬水準の検討、グローバル幹部対応などの実務を幅広くカバーし具体的に解説 ~

2018年11月19日
| 日本

【プレスリリース / 東京】 2018年11月19日(月) -- ウイリス・タワーズワトソン 経営者報酬プラクティスのメンバーは、『経営者報酬の実務 ~実効的なガバナンスの構築からグローバル展開まで~』(発行:中央経済社)を出版いたしました。本書は、日本における経営者報酬アドバイザリーのパイオニアとして長年にわたり日本企業の実務を支援してきた経験を、実務書として取りまとめたものです。コーポレートガバナンス強化の潮流において関心の高い論点である報酬委員会の設置・運営や株式報酬等の中長期インセンティブ設計から、グローバル経営の進展に伴い生じてくる外国人エグゼクティブの報酬問題への対応まで、幅広くカバーした点が特徴となっています。報酬委員および委員会事務局等の実務担当者、ESG投資の関係者、および経営者報酬の論点に関心のある方々にとって、足下の日本における実務の把握のみならず、今後の一歩先、二歩先の実務の展望をイメージするのに役立つ一冊となっています。

<< 書籍内容 >>
序 章: 各部・各章のテーマと趣旨

補1論: 経営者報酬の実効性強化へ向けて

第1部: 日本企業における経営者報酬ガバナンスの構築
第1章: 報酬(諮問)委員会の設置・運営
第2章: 中長期インセンティブの設計
第3章: 報酬水準の妥当性担保

第2部: 経営者報酬ガバナンスのグローバル展開
第4章: 外国人エグゼクティブの本体役員就任の実務
第5章: 海外企業買収時の経営者報酬
第6章: グローバル報酬ポリシーの導入に向けた課題

第3部: 先進的な経営者報酬ガバナンスからの示唆
第7章: 米英における経営者報酬ガバナンスの現況
第8章: 金融業における経営者報酬ガバナンスの現況

経営者報酬の実務

<< 書籍概要 >>
タイトル: 経営者報酬の実務 ~実効的なガバナンスの構築からグローバル展開まで~
発行所: 中央経済社
発売日: 2018年11月19日
定 価: 5,400円(税込)
ISBN: 978-4-502-28451-9

<< 編 著 >>
櫛笥 隆亮

<< 執 筆 >>
萩原 良太 / 宮川 正康 / 小川 直人 / 小西 真木子 / 森田 純夫 / 井野 遥 / 村田 百合香

<< ウイリス・タワーズワトソン 経営者報酬プラクティスについて >>
ウイリス・タワーズワトソンでは、経営者報酬プラクティスをグローバルに独立部門として有しており、当該分野のリーディングファームとして、国内外問わず数多くの案件を手掛けています。コンサルティングサービスの内容は、経営戦略や企業価値創造に結びつく経営者報酬戦略の立案、報酬プログラムの設計、年次・長期インセンティブの設計、既存の報酬プログラムの検証、報酬委員会運営のサポート、グローバル報酬制度の設計など、多岐にわたります。ウイリス・タワーズワトソン経営者報酬プラクティスは、多数のクライアントのご支持を頂き、国内最大規模を誇る経営者報酬データベースを構築し、日本の企業経営に経営者報酬という分野を確立して参りました。信頼性の高い報酬データを活用し、経営者報酬についての様々なソリューションをご提供いたします。

<< ウイリス・タワーズワトソンについて >>
ウイリス・タワーズワトソン(NASDAQ:WLTW)は、企業に対するコンサルティング業務、保険のブローカー業務、各種ソリューションを提供する業務における、世界有数のグローバルカンパニーです。企業の持つリスクを成長の糧へと転じさせるべく、各国で支援を行っています。その歴史は1828年にまで遡り、現在は世界140以上の国と地域に40,000人を超える社員を擁しています。 私達はリスク管理、福利厚生、人材育成などの様々な分野で、企業の課題に必要な解決策を考案・提供し、企業の資本効率の改善や、組織と人材の一層の強化を図ります。また『人材』『資産』『事業構想』の密接な関係性を理解し、企業を業績向上へと導きます。 ウイリス・タワーズワトソンは、お客様と共に企業の可能性を追求して参ります。詳細は弊社ホームページをご覧ください。

お問い合わせ

ウイリス・タワーズワトソン
リワード部門
経営者報酬プラクティス
TEL:03-6833-4606(部門代表)
Emailによるお問い合わせはこちらから


関連リンク


関連するサービス