サーベイ

『定年延長等の取り組みに係るサーベイ』のご案内

2018年11月15日
| 日本

定年延長等の取り組みに係るサーベイについて

改正高齢者雇用安定法の施行後、多くの企業では定年後再雇用制度により継続雇用策を講じている一方、少子化時代の雇用確保や、厚生年金保険の支給開始年齢の引き上げなどを背景に、一部では「65歳定年制への移行」の動きも進み始めています。また、安倍首相が議長を務める未来投資会議において、企業の継続雇用年齢を65歳から70歳に引き上げる方針が表明されるなど、定年の考え方が現在大きく変わりつつあります。

更には、こうした変化の中、高齢者雇用制度の見直しを機に現役世代を含めた人事制度の再構築をご検討されている企業様のお話も増えてまいりました。

本サーベイは、このような現状において定年延長等について企業各社様のご方針・ご動向を調査することを目的とするものです。サーベイに参加いただいた企業様には、本サーベイの結果をとりまとめたレポートを無料にて提供いたします。各社様が高年齢者雇用についてどのように考え、行動しているのかを把握することで、貴社の人事施策検討の一助としていただければ幸いです。

ご参加をお待ち申し上げております。

【調査内容】

  1. 高年齢者雇用確保措置
  2. 再雇用者の就業形態
  3. 60歳を越える期間に掛かる退職給付
  4. 現役世代の退職金制度や人事制度の変更
  5. 高年齢者に対する支援活動

調査票入力時間:10分程が目安となります。
参加をご希望の方は、こちらのお申込みフォームに必要事項をご記入の上、ご送信下さい。追って弊社よりサーベイページのアドレスを送らせていただきます。

【スケジュール】

  • 参加募集期間:2018年11月15日(木)~ 12月21日(金)
  • 結果レポート配信:2019年1月中旬 (予定)

【結果レポート】
サーベイに参加いただいた企業様には、本サーベイの結果をとりまとめたレポートを無料にて提供いたします。

【お問い合わせ】

ご質問等がございましたら、お気軽にご連絡ください。貴社のご意見・ご見解は大変貴重なものと考えておりますので、是非本サーベイにご回答頂ければ幸甚です。

ウイリス・タワーズワトソン
定年延長サーベイ担当
E メール: tw.tr.tokyo.survey@willistowerswatson.com