サーベイ結果、リサーチ

企業はその存在意義を高めるため、従業員価値提案(EVP:Employee Value Proposition)の強化を目指す

2016年『グローバル・タレントマネジメント&リワード・サーベイ』および『グローバル・ワークフォース・スタディ』の調査結果報告書

2016年9月9日
| アルゼンチン, オーストラリア, オーストリア +37 more
  • ベルギー
  • バミューダー諸島
  • ブラジル
  • カナダ
  • チリ
  • 中国
  • コロンビア
  • チェコ共和国
  • エジプト
  • フランス
  • ドイツ
  • 香港
  • インド
  • インドネシア
  • アイルランド
  • イタリア
  • 日本
  • 韓国 (大韓民国) 
  • マレーシア
  • メキシコ
  • オランダ
  • ペルー
  • フィリピン
  • ポルトガル
  • ルーマニア
  • シンガポール
  • 南アフリカ
  • スペイン
  • スウェーデン
  • スイス
  • 台湾
  • タイ
  • トルコ
  • ウクライナ
  • アラブ首長国連邦
  • 英国
  • 米国

テクノロジーの急速な進化により、世界中のどこでも仕事をすることが可能になっています。これは「誰がどのように仕事をするか」という従来の労働環境を一新し、更にはイノベーションの加速や人口構成の変化、報酬に対する透明性重視の高まりにおいても大きな影響を及ぼしています。

本報告書(日本語・英語)では、この新しい労働環境で重要な意味を持つ問題やトレンドに関し、従業員と企業の両方の視点からアプローチする2つの調査の結果を紹介しています。


本報告書(日本語・英語)をご希望の方は、以下必要事項をご記入の上、<<送信>>ボタンをクリックしてください。必要事項送信後に、報告書のダウンロードが可能になります。
ご提供いただいた個人情報は、弊社のプライバシーポリシーに則り適正に管理されます。 また弊社の各種サービスのご案内をさせていただくことがございます。