メインコンテンツへスキップ
サービス Service

サステナブル投資

サステナブル投資の目的は投資結果の改善を促すこと、つまりリターンの向上とリスクの低下を追求することです。

規制による圧力、企業に対する評判の広まりによって社会的信用が左右される可能性(レピュテーションのリスクおよび好機)、世の中の意識やメディアからの注目が高まるなかで、サステナブル投資は機関投資家が検討すべき課題となってきています。

環境、社会、コーポレートガバナンス(ESG)の要素と効果的なスチュワードシップを統合する運用成果(リターン、リスク)を重視した長期戦略が重要です。ウイリス・タワーズワトソンは、このような運用成果を重視した長期戦略が優れたリスク管理をもたらし、強健な投資業界を支え、長期的な投資戦略を成功させるうえで中核をなすものであると考えます。

サステナブル投資を促進する要因として、投資結果(リターンとリスク)と規制、社会的評判の3つが絡みあっています。
図1:サステナブル投資を促進する要因

ウイリス・タワーズワトソンは、長い間サステナブル投資の重要性に対し確信を持ち続けてきました。また、ミッション(目的)と目標の設定から資産配分の策定、ポートフォリオの構築、マネージャー・セレクション、モニタリングおよびレポーティングに至るまで、投資プロセス全体にサステナブル投資を組み込むことが、その完全な価値を実現する最良の方法であると考えています。それ故、サステナブル投資の概念は、ウイリス・タワーズワトソンにおけるリサーチ、資産運用コンサルティング、運用ソリューションに完全に統合され、組み込まれています。

ウイリス・タワーズワトソンの投資委任サービス(OCIO、アウトソースCIO)や運用ソリューションにより、あらゆるクライアントはウイリス・タワーズワトソンの考える最良のサステナブル投資のアイデアおよび実現方法へアクセスすることができます。これらはサステナブル投資に対するウイリス・タワーズワトソンのリサーチの成果を存分に活用することができる方法です。

ウイリス・タワーズワトソンは、アセット・オーナーがサステナブル投資を実践するための支援を多岐にわたって行っています。

  • サステナブル投資およびスチュワードシップに関する知識の構築
  • サステナブル投資に対する信念、政策、戦略の策定
  • 投資の意思決定および株主活動におけるESGへの配慮
  • 上場株式、プライベートエクイティ、クレジット、オルタナティブにおける投資対象の選定
  • テーマ型運用戦略の採用
  • 運用会社におけるESGの統合およびそのスチュワードシップの機能についてのモニタリングおよび報告
  • ESGおよびカーボンリスクに対するエクスポージャーの詳細分析を含む、持続可能性に関する主要な課題に対するマルチアセットポートフォリオの耐性についての評価および報告
  • 規制要件および推奨されているベストプラクティス(最良慣行)への適合
  • 「責任ある機関投資家」の諸原則 <<日本版スチュワードシップ・コード>>の受入れについて

関連サービス

Contact Us