メインコンテンツへスキップ
サービス Service

年金財政計算(年金数理業務)

ウイリス・タワーズワトソンは1987年5月から厚生年金基金業務受託指定法人として、2002年5月からは確定給付企業年金業務受託指定法人として、多くの厚生年金基金、確定給付企業年金の皆様に年金数理サービスを30年以上にわたって提供してまいりました。 この経験をベースに、お客様の企業年金制度に対して指定法人としての年金数理サービスのみならず、年金数理をベースとした年金財政全般のサポートを提供しています。

年金数理は得てして難しい専門家の領域と考えられますが、経験豊富なコンサルタントが企業年金制度の財政運営を分かりやすくサポート、お手伝いさせていただきます。

確定給付企業年金(DB制度)の財政運営

確定給付企業年金は健全な財政運営を行うために、財政計算を行い年金制度の積立状況を定期的に確認する必要があります。

具体的には

  • 制度設立時や財政再計算時に将来の給付と年金資産および将来の掛金収入が収支相当するように掛金を設定
  • 毎年度の財政決算時に積立状況を確認する財政検証を行い、積立不足が許容範囲を超えていれば掛金を見直す

といった確認が必要となります。

この確認には確定給付企業年金法等の法令に則り、将来の予測に基づいた数理計算業務を行うことになるため高度かつ専門的な知識が必要となります。

指定法人としてのサポート

確定給付企業年金の財政運営に関する業務は、信託銀行、生命保険会社等の他、厚生労働大臣から指定を受けた法人(指定法人)が受託することが認められています。

指定法人であるウイリス・タワーズワトソンは、外資系企業を中心に財政運営に関する業務を受託しており、適正かつ迅速な財政計算の報告、法改正等に関するタイムリーな情報提供、また必要に応じて所管の厚生局への照会なども行っています。

なぜウイリス・タワーズワトソンが選ばれるのか

ウイリス・タワーズワトソンは業務受託指定法人制度が始まって以来30年以上にわたり受託機関からは独立した指定法人として年金数理サービスを提供してきました。また、ウイリス・タワーズワトソンは、北米、ヨーロッパ等の海外においても年金資産受託機関から独立した年金財政のスペシャリストを擁するコンサルティング会社として認知されており、当社の年金数理サービスが利用されています。当社は個別企業ごとのニーズに応えるべく、多様なアプローチを駆使し、お客さまにとって最善の財政運営をご提案しています。

ウイリス・タワーズワトソンの強み

経験と迅速性

退職給付会計に関する長年の経験と深い洞察により、いかなる事例においても適切かつ迅速にサービスを提供します。

独立性

受託機関から独立した指定法人として年金数理サービスを提供しています。

会計・資産運用の視点も交えたソリューションの提供

リタイアメント部門の専門チームは、制度設計、退職給付会計、年金財政、資産運用、ガバナンス、コミュニケーションのトピックについて幅広い知識と経験を持っています。

専門知識

国内で最大級の年金コンサルティングの専門チームを有します。チームには、国内のアクチュアリー、年金数理人の資格保有者の他、英国、米国、フランス、オーストラリア、カナダ等の外国人アクチュアリーが含まれます。

バイリンガルサポート

バイリンガルコンサルタントが常駐しており、日本の企業年金に関する法令、財政運営を日英など複数の言語にて説明できる体制が整っています。

関連ソリューション

Contact Us