Skip to main content
ソリューション Solution

フューチャー・オブ・ワーク (仕事の未来)

職場のデジタルトランスフォーメーション、スキルの半減期の縮小、そしてギグエコノミーの高まりは、従来の労働と仕事に対する見方を一変させています。ウイリス・タワーズワトソンは、コンサルティングサービスと独自のデータならびにソフトウェアの組み合わせにより、大きく変化する仕事の世界を企業が歩み続ける支援を提供します。

私たちは、"第4次産業革命"の入り口に立っています。それは、仕事の概念を一変させ得るものです。 皆さんの会社は準備ができていますか?

演算能力の飛躍的な向上は、仕事を著しく変化させており、物理的、デジタル、そして生物学的世界の境界線を曖昧なものにしています。人工知能 (AI)やロボティクス分野などにおける技術的なブレークスルーは、これまでの産業革命と比較しても劇的な形で進んでいます。その余波は、既にほぼすべての国のあらゆる産業を破壊し、仕事 (work)と業務 (job)に著しい影響をもたらしています。その影響は、大規模な雇用創出から配置転換、さらには労働生産性の向上からスキルギャップの拡大にまで及びます。

デジタルによる変革を余儀なくされた職場においては、業務 (job)は個別のタスク (task)へと分解され、世界のどこにいるかを問わず、正社員あるいは非正規社員に割り当てられる、もしくはそのタスクを完了させるのに最も効果的かつ生産的な方法に基づいて人間と機械の間で分担されます。

新しい労働エコシステムの課題に立ち向かう

ウイリス・タワーズワトソンのフューチャー・オブ・ワークに関するサービスは、仕事がいつ、どこで、誰によって行われるべきなのかを、オートメーションによる実施も含めて管理できるよう支援します。このサービスは、正社員、フリーエージェント、契約社員など、貴社が持つあらゆる人材に求められる新しい働き方、新しいスキル、エンゲージメントのドライバーを具体化します。

弊社は、フューチャー・オブ・ワークに関連した重要な課題に取り組むためのアプローチとツールを提供します:

  • 仕事の再定義:選択した業務(job)の分解と代わりとなる新たな仕事の分析を目標とした仕事の評価。
  • ワークストラテジー :新しい仕事のやり方を定義(AI、ロボティクスなどによる業務の再構築など)。
  • ワークアーキテクチャ:業務 (job)、仕事 (work)、そしてスキルのキュレーションに関してコアとなるアーキテクチャと平準化アプローチを開発。
  • リスキリングパスウェイ:仕事は変わり続け、スキルは人材マーケットの通貨となる。 人材の継続的なリ・スキリング(新しいスキル習得)を実施。
  • エンプロイー・バリュー・プロポジションからタレント・バリュー・プロポジションへ: 正社員と非正社員を含めた、あらゆる人材のエンゲージメントを確保するため、総報酬と業務遂行に発揮されたスキルや方法とを整合させる。
  • 期間限定社員の管理:組織で求められる人材タイプ、ガバナンスとコントロールのプロセス、および仕事のライフサイクルを定義する。
  • 柔軟な働き方:人材のエンゲージメントを維持・向上するとともに、インクルージョン&ダイバーシティ(I&D)を浸透させるよう、仕事を設計する。

新しいリーダーシップへの期待

テクノロジーが職場で混乱を引き起こし続ける中、リーダーたちは従来型組織で正社員を管理する際のような正式な権限無しに、曖昧さと変化の時代の舵取りを任せられています。このように、テクノロジーが発展して異なる労働力へのアクセスが高まる中、人事部門はビジネスリーダーとマネージャーと協働しながら、最善な業務遂行の方法を判断するという極めて重要や役割を担っています。

弊社は、こうした新しい仕事のエコシステムでの成功に求められる、組織のリーダーシップスキル開発を支援します。また、仕事に関連するすべての範囲にわたって貴社が人材を魅了し、エンゲージし、保持できるよう、人材獲得からパフォーマンスマネジメントに至る分野でのツールとトレーニングを用意しています。

機会

ウイリス・タワーズワトソンは、フューチャー・オブ・ワークに関連した課題への取り組みとは、事実と研究に基づくアプローチを実践する機会であると捉えています。職場のオートメーション化に関して過剰に警鐘を鳴らすスタンスから一歩踏み出すことにより、人と機械のコラボレーションを通じて、貴社がより高いレベルの生産性を達成しつつ、人々にとって充実感溢れる新しい仕事を作れるようサポートします。

Contact Us

関連ソリューション