Skip to main content
メディア

ウイリス・タワーズワトソン、『世界の運用資産規模トップ500社の運用会社ランキング』を発表

Investments
N/A

2019年10月31日

【プレスリリース / 東京】 2019年10月30日(水) -- 世界有数のグローバルカンパニーである ウイリス・タワーズワトソン(NASDAQ:WLTW)のインベストメント部門は、国際的運用専門誌のPension&Investmentsと共同実施した調査である世界の運用資産規模トップ500社の調査レポートを発表しました。

資産運用業界は、規制対応、報酬低下、テクノロジーの高いコスト負担を背景に、変化のペースが加速しています。一連の変化の中で運用会社の間でサステナビリティ(持続可能性)と組織カルチャーの重要性に関する評価が高まっています。

シンキング・アヘッド・インスティテュート(ウイリス・タワーズワトソンのインベストメント部門の関連組織)が公表した世界の運用資産規模トップ500社の調査レポートによると、トップ500社の運用資産残高全体は2018年に前年比-3%の減少となりましたが、対照的にESG投資分野の資産額は前年比+23.3%の増加となりました。また、ESG原則に従う運用資産額についても前年比+17.8%と増加しました。

持続可能性(サステナビリティ)と組織カルチャーの重要性は、2018年の注目すべき重要分野です。組織カルチャーを、ビジネス戦略、信念及び付加価値、ビジョン及びミッションといった点と繋げていくことは運用会社のリーダーシップにとって重要な課題であるとともに好機でもある、と同レポートは述べています。難しい投資環境に直面しており競争相手が多く過度に混雑した運用業界において、単なる成長と利益の追求を超えたより強力な目的意識は、運用会社の差別化要素と識別されます。この調査における運用会社の83%が、議決権行使を含むサステナブル投資への顧客の関心が増している、と認識しています。

ウイリス・タワーズワトソンのインベストメント部門の日本のリーダーである木村倫啓は次のように述べています。

「サステナビリティは今や避けることのできない問題となっており、サステナビリティについて語ることから行動に移す段階に変わってきています。多くの場所において語られることと実際の行動の間にはギャップが存在しますが、しかし現在より重要なことは、行動とそれがもたらす影響との間のギャップでしょう。つまり、より持続可能な経済を作り出す我々の能力は、自らの望む水準に追いついておらず、最も意味のある取組みは、このギャップを埋めていくことにあります。」

「運用会社の間で組織カルチャーの重要性に関する評価も高まっています。良い組織カルチャーは偶然に現れるものではないですし、組織カルチャーを評価し適合させていく能力もまだ発展途上です。そこには改善の余地があります。」

本調査はまた、2008年の運用資産規模トップ500社のリストにあった資産運用会社のうち242社の名称が2018年のリストにはないことを明らかにしました。過去10年はマーケットの上昇と堅調な収益獲得から運用会社にとってかなり良好な環境であった一方で、多くの業界観察者が、規制対応の増加、運用報酬の低下、テクノロジーの高いコスト負担から、今後の更なるプレッシャーの高まりを予想しています。本調査でも運用会社の81%がテクノロジーやビッグ・データに配置するリソースを増やしたと答えており、また、57%は規制監督の水準の高まりを経験したと答えています。

木村は次のように付け加えています。「運用業界に対する規制の負担増加は、信頼の欠如の兆しです。信頼を再構築することは、より長期の時間軸に焦点を当てることを意味します。運用会社は明確な目的意識を持たなければ、これまでよりもチャレンジングな環境の中で居心地の良い場所を求めて競争する500社の中のただの1社にとどまるでしょう。」

「資産運用業界はより最終受益者にとっての便益をもたらすように発展していくことが求められています。トップ500社の運用資産残高を国別にみてみると、10年前と比較して米国や中国の割合が高まった一方、日本やいくつかの欧州の国のシェアは低下しました。変化の速い運用業界において10年後の顔ぶれがどうなっているかは誰にもわかりませんが、変化に適応して競争優位性を創出し維持していけるかが運用会社にとっての生命線です。その競争優位性を考えるうえで、サステナビリティや組織カルチャーに対する取組みを発展させていくことはますます重要になるでしょう。」

本調査において、ブラックロックは、2009年以来、運用資産規模ランキングのトップの位置を維持しています。また、バンガードとステート・ストリートが5年連続でトップ3に入りました。上位20社は下表の通りです。

世界の運用資産規模トップの運用会社ランキング上位20社(単位:百万米ドル、2018年12月末時点)

Rank Fund Market Total Assets
1 BlackRock U.S. $5,975,818
2 Vanguard Group U.S. $4,866,611
3 State Street Global U.S. $2,511,297
4 Fidelity Investments U.S. $2,424,697
5 Allianz Group Germany $2,242,972
6 J.P. Morgan Chase U.S. $1,987,000
7 Bank of New York Mellon U.S. $1,722,000
8 Amundi France $1,714,466
9 Capital Group U.S. $1,677,381
10 AXA Group France $1,628,579
11 Goldman Sachs Group U.S. $1,542,000
12 Prudential Financial U.S. $1,377,269
13 Deutsche Bank Germany $1,301,633
14 Legal & General Group U.S. $1,288,660
15 UBS Switzerland $1,222,839
16 BNP Paribas France $1,175,816
17 Northern Trust Asset Management U.S. $1,069,400
18 Wellington Management U.S. $1,003,389
19 Wells Fargo U.S. $964,700
20 T. Rowe Price U.S. $962,300

世界の運用資産規模トップ500社の調査レポートの詳細については、以下をご参照ください。
「The world's largest fund managers – 2019」

ウイリス・タワーズワトソンについて:

ウイリス・タワーズワトソン(NASDAQ:WLTW)は、企業に対するコンサルティング業務、保険のブローカー業務、各種ソリューションを提供する業務における、世界有数のグローバルカンパニーです。企業の持つリスクを成長の糧へと転じさせるべく、各国で支援を行っています。その歴史は1828年にまで遡り、現在は世界140以上の国と地域そしてマーケットに45,000人の社員を擁しています。 私達はリスク管理、福利厚生、人材育成などの様々な分野で、企業の課題に必要な解決策を考案・提供し、企業の資本効率の改善や、組織と人材の一層の強化を図ります。また『人材』『資産』『事業構想』の密接な関係性を理解し、企業を業績向上へと導きます。 ウイリス・タワーズワトソンは、お客様と共に企業の可能性を追求して参ります。詳細は弊社ホームページをご覧ください。

シンキング・アヘッド・インスティテュートについて:

シンキング・アヘッド・インスティテュートは、2015年1月に設立された非営利の運用調査及びイノベーションのためのグローバルな会員グループであり、運用業界を最終受益者の利益のために改善及び変化させていくことに取り組んでいる機関投資家のアセット・オーナー及びサービス・プロバイダーから構成されています。世界中に40を超えるメンバーがおり、2002年に設立されたウイリス・タワーズワトソンのシンキング・アヘッド・グループをその前身としています。詳細はこちらのページをご覧ください。

Contact Us
Related content tags, list of links メディア インベストメント 日本