メインコンテンツへスキップ
特集、論稿、出版物 | 企業リスク&リスクマネジメント ニュースレター

ポリティカルリスクインデックス– 2021年夏

世界で最も脆弱な国のパターンを分析する

Credit, Political Risk and Terrorism
COVID 19 Coronavirus

2021年7月20日

ポリティカルリスクインデックスは、世界で最も脆弱な国のパターンを分析します。 このエディションでは、対象範囲を61か国に拡大しました。

2019年12月以来、320万人以上がCOVID-19によって亡くなりました

昨年発行の前回の「ウイリス・タワーズワトソン ポリティカルリスクインデックス」以来、COVID-19の影響は世界の政治と経済を再形成し続けています。 世界保健機関(WHO)が最初にこの病気を記録した2019年12月から、320万人以上がCOVID-19によって亡くなり、感染者数は1億5300万人を超えました。 しかし実際には、世界中でウイルスの検査と治療能力が不均一であり、感染者の多くが症状を示さないため、これらの数値よりもはるかに高い可能性があります。

このエディションでは

今回の「ウイリス・タワーズワトソン ポリティカルリスクインデックス」より、数値的なリスク評価スコア作成の基礎となるデータセットを変更しました。

今回のインデックスにて25の新しい国と地域を追加

2020年半ばの前回のレポートから続く36か国を維持しながら、今号では25の新しい国と地域を追加し、合計61の国と地域をカバーしました。 この拡張により、個々の国や地域の具体的な範囲が広がり、同時に、読者が幅広い地域の全体像を鳥瞰できるようになります。

各国は、多くの経済活動制限に資金を提供するために、資本市場で追加の債務を調達することに注力せざるを得ませんでした

集団予防接種プログラムの出現により、世界人口の臨界量が予防接種を受ければ、最終的に「通常」に戻るという希望をもたらしています。 しかし、課題と不確実性は残っています。 各国は、ウイルスの拡散を遅らせるため、大部分の経済活動制限に資金を提供し、失業者や社会的および事業の封鎖のために失業した何百万人もの人々に生活維持費を支払うために、資本市場で追加の債務を調達することに注力せざるを得ませんでした。

大規模な抗議活動と暴動のいずれとも強く相関する経済変数の1つは、「緊縮財政」、つまり政府予算の削減または増税です

さらに先を見据えると、一部の国、特に新興国市場(EM)では、これらのパンデミック関連の債務負担を管理する圧力に直面するでしょう。 債務の増加を管理する1つの方法は、増税し、公共投資案件を制限または遅延させることです。 しかし、それは切望される景気回復機会を制限し、社会不安を引き起こすリスクを高めます。 大規模な抗議と暴動いずれとも強く相関する経済変数の1つは、「緊縮財政」、つまり政府予算の削減または増税です。 パンデミック前に起きた2つの例のうち一つはガソリン税の引き上げに関連して始まったフランスでのジレットジョーンズ運動です。もう一つの2019年にチリを襲った暴動は、サンティアゴの公共交通機関への補助金の削減を発端としていました。

封鎖措置が緩和され、地政学がCOVID-19以外の問題に再び焦点を合わせるにつれて、撤廃の効果が「ポジティブ」または「ネガティブ」かにかかわらず、経済制裁の変更は進行するでしょう。。 今回のインデックスで取りあげる例としては、ミャンマーと中国が含まれています。 どちらの場合も、国際社会が好ましい結果へと局面を変えようとしているので、人権への懸念はより多くの経済制裁発動につながる可能性があります。 このレポートで取り上げられているもう1つの例はイランです。この場合、米国政府はテヘラン(イラン指導部)が2015年のイラン核合意に戻ることを促すためにイランに対する制裁の撤廃を検討しています。

<本レポート(英語)のダウンロード方法>

右記のフォームにご記入、送信いただくと登録いただいたメールアドレス宛にダウンロードページへのリンク含むメールが送られます。そちらのページより、本レポート(英語:全309ページ)がダウンロードいただけます。

なお、競合他社、弊社としてお取引しかねるお客様、個人事業主様のご登録はご遠慮いただいております。予めご了承ください。

お問い合わせ

Business Development Director for Willis Towers Watson Natural Resources

Contact Us