メインコンテンツへスキップ
調査報告

Power Market Review 2020

~COVID 19の電力セクターへの影響~

Environmental
COVID 19 Coronavirus

執筆者 Robin Somerville | 2020年7月1日

ロンドンのNatural Resources(天然資源)チームが世界中の同僚からの寄稿をもとに作成したウイリス・タワーズワトソンの「Power Market Review 2020」は、電力保険市場が大幅にハード化し続けている状況の中、発行されました。

COVID-19のパンデミックはまた、世界の電力セクターに対し、その主要な商業、技術、運用、および財務機能全体にわたって、前例のない課題をもたらしました。 新しいビジネス環境には参加するうえでのルールブックはありませんが、有効な長期的ビジネスを維持するために必要な多くの変数を管理しながら、従業員とプラントの安全性が損なわれないようにするための迅速かつ効果的な意思決定が求められます。

今年、弊社の主要記事は、電力セクターとその保険市場の両方に対する年初から現在までの影響を要約しています。 現在の環境は、明らかに当面の間我々と共存し続けると考えられるため、2020年の残りの期間が進むにつれ、弊社では読者の皆様に最新の調査状況を提供し続けていく予定です。

レビューの残りのセクションでは、以下について説明しています。

ESGと電力業界に対するリスク管理の影響

気候政策金融および投資コンサルタントであるマーガレット-アン・スプローンは、ESGが電力業界にどのように影響を与えているかについて詳細な分析を行っています。ウイリス・リサーチ・ネットワークの専門家は電力業界のリスクマネージャーが、気候変動リスクを定量化し、自社のESGフットプリントを改善する上で重要な戦略的役割を担っていることを示します。

リスク管理の問題

レビューの第3部では、さまざまなリスク管理の問題に焦点を当てています。これには、ハード化する市場で最適なリスク管理戦略を決定するためにアナリティクスが果たす重要な役割や、地政学的リスクやサイバーリスクの管理に関する記事が含まれます。 また、業界のデジタル化から生じるリスクについても検討し、強化されたクレームプロトコルの価値に関して新たな洞察を提供します。

2020年の電力保険市場

レビューの第4部では、ロンドンと北米の両方の主要な損害賠償保険市場の動向について説明し、北京、ドバイ、ラテンアメリカ、シンガポールの電力専門家による地域の動向をまとめています。 バイヤーにとっての共通点の1つはシンプルです:それは市場のハード化が本当に到来したことです。 調達?プロセスには、従来よりも時間がかかるようになるでしょう。 ですから、早く準備を整え、弊社と協力し、御社にとって最適な結果を導き出してください。

このレビューを皆様が楽しんでくれることを願っています。またレビューに対するご意見もお待ちしております。

以下のフォームにご記入いただくことで本レビュー(全105ページ)をダウンロードいただけます。

『Power Market Review 2020』ダウンロードフォーム

執筆者プロフィール

Business Development Director for Willis Towers Watson Natural Resources

関連ソリューション

Contact Us